10月23日(火)セント ローグ ドライホップ レッド (Saint Rogue Dry Hop Red)


アメリカのクラフトビールはやっぱり凄いですね~♪

色んなことを独自に出来るのがアメリカの文化。
その部分は日本ももっと取り入れても良いんじゃないかと・・・
まずは酒税を安くしましょう!!

 

ゲストビールの紹介です。

セント ローグ ドライホップ レッド
Saint Rogue Dry Hop Red


Saint Rogue Dry Hop Red

 

ローグは1989年にアメリカ西海岸・オレゴン州のニューポートで誕生!

スコッツマンでも過去に4度ゲストビールで取扱いました。

シェイクスピア オートミールスタウト

シャトーダートアー ブラックラガー

ブルタルビター

ジュニパーペールエール

 

ローグは数々の賞を序章しているので、美味しさは確実!!
その特徴は「コク」ですね。

そして個人的に好きなことがあります。

「ラベル」です ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

カッコいんですよねぇ~。
今回なんかキリストがモチーフになってますからねぇ♪

 

あるビール愛好家はこう言いました。
「このビールのホップの豊富さすごく個性的で、私を満足させ、キャラメル、
柑橘類のフルーツ、そしてメロンのような風味がします。」と。
色は赤みがかかった銅色、ホップがここちよく、
スパイシーで後味にロースト麦芽の味が残ります。
麦芽がハリントン、クッレグ、ミュンヘンを使用。
ホップはセンティニアル、チヌークを使用。

えぞ麦酒HPより

 

 

センティニアル
フローラル、シトラスの香りのあるバランスのいいアロマホップ。
主にフィニッシングホップとして使用。ビタリングにも使用される。
スーパーカスケードとも呼ばれる。

 

チヌーク
高苦味価にも拘わらずアロマの品質が良好のビターホップ。
パイン、グレープフルーツのような強いスパイシーなアロマ。

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください