ブナハーブン・モーニャ2007 6年 57% ラ・グラン・ギャラリー Bunnahabhain Moine 2007-2014 / 6yo / 57% / La Grande Galerie


ブナハーブン・モーニャ2007 6年 57% ラ・グラン・ギャラリー
Bunnahabhain Moine 2007-2014
6yo / 57% / La Grande Galerie


ブナハーブン2ブナハーブン

 

今回の新着ウィスキーは、エイコーンからリリースされた
若くてフレッシュなブナハーブン・モーニャです。

かわいいイラストが目を引くこちらのボトルは、エイコーンで
2011年にスタートした『ラ・グラン・ギャラリー』というシリーズの第2弾です。

そういえば第1弾のイラストはやたらと派手なライオンの絵だった気が・・・
で、その第1弾から4年の時を経てこの第2弾が完成しました。

この絵は、イラストレーター・伊津野果地(いづのかじ)氏の作品
伊津野果地氏は、愛知県に生まれの方で、東京外国語大学イタリア語学科卒業後、
2006年、ボローニャ国際絵本原画展入選。
立体・平面作品の制作・発表をする傍ら、絵本・挿画の分野で活動している
イラストレーターの方です。

images (46)images (47)

幻想的で可愛らしく、言われてみるとどこかイタリアっぽいような雰囲気がステキな
作品が多いです。

 

で、ウィスキーのお味はと言いますと・・・

若くてフレッシュなピート&スモーク・フレーバーが溢れる元気の良い
ピーティーブナハーブンです!!

ブナハーブン・モーニャの“モーニャ”というのは、ゲール語でピートを意味し、
ピートをしっかり焚きこんで造った、フェノール値(ピート成分の数値)の高い
新しいスタイルのブナハーブンってわけなんです。

若いからこそ、たっぷりのピートとスモークが楽しめるイキイキとしたウィスキー。

グラスに、鼻を近づければグザっと刺さるように突き立つピーティーな香り。
しかし、しばらく香りを探していくと、煙のようなスモーキーフレーバーの中に
土っぽいコクのある香りや、ジューシーな燻製を想わせるウマミ感が現れてきます。

若いシングルモルトの中には、アルコールの強い香りに押されて焼酎のような
ニオイがしてしまうモノが多いですが、これはちょいと違いますぞって感じです。

正直、10年未満の若いシングルモルトが苦手な僕でも、
「おっ・・・このブナハーブン・モーニャ美味しいじゃん!」と、
パッと言っちゃいました。

普通にブナハーブンって言うと、アイラモルトの中でもピート香が弱く、
クセが強くないウィスキーとして知られていますが、モーニャは全く別物の
ウィスキーです。

ピート好きな方、普段は若いシングルモルトを飲まない方、
普通のブナハーブンしか飲んだことのない方、是非、お試しあれ。




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください