1月25日(金) バーンズ・ナイト


「蛍の光」 皆さん知っている歌ですよね!!

実はその原型はスコットランドのものなんです。
原曲が「 Auld Lang Syne(古く遠い昔)」というスコットランド民謡なんですが、
コレの詩を書いた人がロバート・バーンズ

[youtube]http://youtu.be/STqDowSbSTQ[/youtube]
スコッツトランドの国民的詩人

そのロバート・バーンズが生まれた日が1月25日なんです。

この日、スコットランドのパブでは「バーンズ・ナイト」というイベントが行われ
ハギスを食べ、ウイスキーを飲み交わします。

バーンズは「ハギスの詩」という詩も書いているので
ハギスを囲み皆でハギスの詩を朗読しハギスを食べるんですね~♪

 

この日にスコッツマンもあやかり1月25日(金)に「バーンズ・ナイト」開催です!

スコッツマンはハギスが定番料理なのでOKです。
ハギスに付き物のウイスキーとのセットにしてお得価格にてご提供します。

ちなみにウイスキーは数種の中から好きなものを選べるようにします。

 

そして、濃いビールを用意しています。

ベアードビール
ダークスカイ インペリアル スタウト2013  9%

こちらはベアードさんのHPから紹介分を記載させて頂きます。

このちょっと危険な香りのする魅惑的なスタウトは、ビール好きにとっては、
まさに冬に飲みたいビールの一つだろう。

色は漆黒で、滑らかなボディ、何とも表現し難い複雑なフレーバーで、
アルコールの熱さを感じ、ホップも刺激的だ。

2013年版は前年と比較し変えたところが2つある

(1)黒糖を減らし、クリスタルモルトを増やした
(発酵度合いをやや低めに抑え、よりボディを厚く、
よりトーフィやキャラメルのようなフレーバーを引き出した)

(2)ホップの組み合わせも全く変え、
お気に入りの2種類のニュージーランドホップを使用した

(ネルソンソーヴィン&NZカスケード)。

前年使用したヨーロッパ産のフローラルで草原のような個性のホップよりも、
活き活きとしたさわやかな個性に仕上がっている。

ダークスカイも同様にベアードの全てのビッグビアは、
充填時にクロイズンという製法を使用し、二次発酵や自然発泡、
フレーバーの進化を瓶や樽の中で行っている。

寒い冬の夜にぴったりのビールだ!     ベアードビールHPより

いかがでしょうか!?

そして・・・濃いボトルビール4種も用意しています。
しかも、そのうち1種は入手困難激レアビールでございます!!

それでは!!!!!!!!!

 

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください