ベルビア (埼玉) ザ・ダークホース 5.5% Bell Beer : The Dark Horse Style : Black IPA


ベルビア (埼玉)
ザ・ダークホース 5.5%
Bell Beer : The Dark Horse
Style : Black IPA

ベルビア・ザ・ダークホースベルビア・ロゴベルビア・ロゴ2

オーストリア産ホップ「ギャラクシー」をふんだんに使用したブラックIPAが登場!

パッションフルーツのような華やかな香りとホップ由来のしっかりとした苦味、
黒系ビール特有のローストフレーバーがバランス良く融合。

色から受ける印象よりもはるかに、スッキリと爽快感あふれる黒ビールです!

後味にしっかりした苦みが感じられる「ブラックIPA」というスタイルは
ロイヤルスコッツマンでも人気のビアスタイルのひとつです。

ロースト・モルトホップ・アマリロ画像

「ザ・ダークホース」のIBU(国際基準の苦味数値)はIBU60と高い数値
なので、結構苦味が爆発しているのかなー、と思っていましたが
実際に飲んでみるとホップ感は感じられますが、くどい程の苦味はなく
むしろ飲みやすい!!

余韻に残るホップとローストモルトの良い感じのアフターテイストが
心地よく、ついついもう一口飲みたくなってしまいます。

これは、パイントサイズでもいけちゃう黒いビールですね。

なので・・・

売り切れるのも早いと思われます!!飲み逃しなく!!

 

ベルビアとは・・・??

ベルビアの元々の始まりは・・・

埼玉県所沢市に2010年に発足された
「所沢麦酒倶楽部」(ところざわびーるくらぶ)
という地域の方々を中心にした集まりからでした。

所沢麦酒倶楽部所沢麦酒倶楽部2

この所沢麦酒倶楽部は、
地元・所沢で栽培する麦を育てて、ビールを造ることを目指す起業家集団です。

地産地消をモットーに
大麦造りに集った有志メンバーと、協力農家、そしてビール造りに情熱を傾ける
ブルワーさんによるコラボレーションによって、地元に根差した地ビールが誕生しました。

それが、所沢初の地ビール「野老ゴールデン」というビールです。

ベルビア・野老ゴールデン

これは、スコッツマンでもお馴染みのプレストンエールを造っている
(株)ホンダ産業(栃木県)へ醸造委託され製品化されたものでした。

その後、ベルビアという会社が設立され、さらにビール製造免許を取得
して、2013年12月に所沢ブルワリー完成!!

現在では、「野老ゴールデン」を筆頭に数種類のビールを造っています。

どれも、丁寧に造られた安定感のある味わいのもので、今後の成長に期待が
高まるブルワリーのひとつです。

トコろんトコろん2

ちなみに、これは埼玉県所沢市のゆるキャラ「トコろん」です。

所沢市の鳥である「ひばり」と、航空発祥の地にちなんでプロペラ飛行機の
イメージから生まれたトコろん!

トコろんもベルビアを応援しています!!




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください