ミッケラー : モンクス エリクサー クアドラプル 赤ワイン樽熟成 10%  Mikkeller : Barrel Aged Monk’s Brew Red Wine Barrels

スポンサーリンク

ボトルビール2種目の紹介です!!

今回もウイスキーとチョコ、そしてビールとブログが追い付かなくなった (つд⊂)エーン

 

ミッケラー : モンクス エリクサー クアドラプル 赤ワイン樽熟成 10%  
Mikkeller : Barrel Aged Monk’s Brew Red Wine Barrels 

 

mikkeller ボトルビール

 

ミッケラーはデンマークのコペンハーゲンに2006年、
ミッケル・ボルグクリスチャン・ケラーが設立した、
特定の醸造所を持たない 「ファントム(幻影)マイクロブルワリー」なんです。

僕はコペンハーゲンと聞くと高価なお皿を思い出します。
修業時代に緊張して洗っていたからなんですけどねw

 

自国のデンマークをはじめノルウェー、スコットランド、アメリカなどの
個性的なマイクロブルワリーの設備を使用してオリジナルビールを醸造したり、
コラボレーションして様々なスタイルのビールづくりに挑戦し続けています。面白いですよねぇ~!
なぜ醸造設備を持たずに、設備を借りて様々なビールが造れるのか!?
その秘密は・・・完成された緻密なレシピにあります。

 

このレシピがあるからこそ世界中どこでも、どんな設備でも
そのスタイルに最も合う場所でビールをつくり出すことがミッケラーには出来るんです!
そして2007年には世界的なビアマニアのサイト「ratebeer.com」で
 年間最優秀醸造所に輝き、世界中のビールファンを驚かせました。
そりゃそうですよ! だって醸造所を持っていないんですから~

今もどこかでビール造りをしているんでしょうねぇ~。

Mikkel pŒ N¿rrebro Bryghus i gang med at lave sin Mikkeler bryg Mikkel pŒ N¿rrebro Bryghus i gang med at lave sin Mikkeler bryg

 

さて今回のビールなんですが、これも面白いです。
まず、今回のビールのベースになるものから紹介して行きます!

 

モンクス エリクサー クアドラプルは、ベルギー修道院スタイルの濃厚で飲み応えのある
ストロング・アビー(修道院)エールで、ダブル、トリプルの上を行く最上級品なんです。

 

色はダークブラウンで、葛餅にかかった優しい蜜。
最初の香りは、様々なダークフルーツとスパイシーなアロマ。
ベルジャンシュガー様のキャラメルがグラスから躍り出ます。

味はフルボディで、よく熟したプラムやレーズン、
甘く焼かれた香ばしいアップルパイに、
ピリッとしたブラックペッパーやナツメグが振りかけられたような複雑なスパイスの風味。
濃厚でトロリとした液体の中に活発なカーボネーションがかけられてます。

カーボネーションというのはビールに含まれる二酸化炭素の発泡量のことで
適正だとふっくらとして心地よく、不足するとフラットな感覚。
過剰すぎると刺すような刺激を感じます。

フィニッシュは上質な長期熟成のブランデーのようで、
南国トロピカルフルーツのフレーバーの香りがいつまでも続きます。

と、これが元になるビールなんです。

 

そこでモンクス エリクサー クアドラプル 赤ワイン樽熟成 赤ワイン樽熟成はと言うと、
上記のモンクス エリクサーを、さらに赤ワインの樽に入れて熟成させた限定品!!
シャンパンスタイルのボトルに蝋付けのシーリングがされた高級感漂います。

 

グラスに注ぐと赤い輪郭を持ったダークブラウンカラー。
オークのしっとりとしたタンニンの香りが真っ先に香り立ち、
樽から染み出すようなジューシーなワイン、
バニラやキャラメルの優しさが一体になって鼻孔を突きます。

一口含むとプルーンやレーズン、
そしてココナッツや年代物のバルサミコの凝縮した甘酸っぱさが
素晴らしい奥行きをつくり出します。
アルコール 10%ですが、厚みのあるフレーバーの層により「飲み易い!?」と錯覚!
長~い長~い余韻は様々なドライフルーツ香を供給し続けます。

 

 


スポンサーリンク


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください