ポートシャーロット PC8 60.5度


新着ウイスキーのご紹介です!!

ブルイックラディ蒸留所が生産するピーティッド・モルト。
それが、このポートシャーロットです。

2001年春にブルイックラディ蒸留所を再稼動させた

伝説の男、ジム・マッキュワン氏が同年に蒸留し、8年間の熟成が経ったものです。

 

ポートシャーロット PC8

 

ポートシャーロット  PC8  60.5度

エディンバラで開催された「Whisky Fringe」の投票で
250種のウイスキーの中で1位(2009年度ウイナー)に選ばれてる
ド級の実力者!!

そして何よりも、そこを指揮するジム・マッキュワン氏が凄い!!

元々ラガブーリン 蒸溜所で、長いことアイラ・ウイスキーの製造に携わっていて、
過去に何度もディスティラー・オブ・ザ・イヤーに輝いている
これまた超ド級の有名なディスティラーさんなんです。

彼のアイラを想う心は人一倍です。それ以上かも・・・

そんなマッキュワン氏が造ったこのモルト。

フェノール値が40ppmと非常にスモーキーです。
スコッツマンでも人気のラフロイグは50~60ppmですから
ほとんど同じくらいです。

 

まず、スモーキさが当然のごとく現れていますw
アルコールしっかりと感じるが少し酸味があり、その中に甘さがある。
思った以上に甘く、飲んだ後はその後に甘味がじわりじわりとやってきます。
最後、口の中はスモーキーさか生まれる酸味とピート感が心地よいです。

 

 

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください