WM イリアン・アイランド 2002 (9年)

スポンサーリンク

名前はあえて言いませんが、スカイ島の蒸留所からボトリングされたウイスキーです。

その蒸留所の名前を使うことが出来ないので!!

WM イリアン アイランド 2002 (9年) 58.8%

WM イリアン アイランド 2002 (9年)

 

まず、ボトリングの会社ですが「ウィリアム・マックスウェル社」です。
エジンバラ近郊に本拠を構え、豊富な在庫から選ばれた質の高いボトリングをしています。

 

こちらのシリーズは「シールダイグ・コレクション」と言うのですが、
「ザ・ピーター・J・ラッセル・グループ」傘下の「ウィリアム・マックスウェル社」が
フランス市場向けに作ったブランドになります。

何だかおしゃれな感じですよねw

 

このシリーズの名前の由来は西ハイランドにある「シールダイグ」という小さな漁村の名前。
そして、 「ザ・ピーター・J・ラッセル・グループ」には、「グレンゴイン蒸留所」を所有し
「グレンファークラス」の総代理店でもある「イアン・マクロウド社」があるんです。

これまた凄い!!

 

更に凄いことは30,000分の1の確率で選ばれた超確率の貴重な樽ということです。

マスターブレンダーが、その時々に応じて選ばれたウイスキーにしか
「シールダイグ」という称号は付けられない貴重な樽なわけです。

ちなみに、こちらは260本のみのボトリング

 

柑橘系の香り、色もキレイなレモン色!?
甘味も感じられるその香りですが、口に含むとスパイシー。
ただスパイシーなだけではなく、甘味とピートが徐々に強く感じられ
余韻が長く心地よいです。

個人的には少し水を足した方が香りも花開き甘味が上昇。
それと同様にピート感も増します。

 

 

 


スポンサーリンク


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください