11月30日(火)セント・アンドリュース・デー2021

スポンサーリンク


セント・アンドリュース・デーとは?




11月30日はスコットランドのナショナルデーです!
日本で言う「建国記念日」です。
 
日本では3月17日のセント・パトリック・デーが有名ですが、こちらはアイルランドのナショナルデーなんです。日本でも表参道で大きなパレードがあり認知している方も多いと思います。




スコットランドの国旗




スコットランドの国旗のは白地に青でX印の物ですが、このX印はX印ではなく「聖アンデレ十字」と言います。

聖アンデレというのは新約聖書に登場をする十二使徒のひとりですなのですが、西暦60年11月30日にアンドレが殉教した際に架けられた十字架がX文字のように交差した形だったことに由来すると云われています。




聖アンデレ



スコットランド国旗



スコットランド紋章 :レッドライオン





聖アンデレとゴルフの聖地、セントアンドリュース




もともとアンデレは漁師だったのですがキリストに従い十二使徒の1人になったそうです。

アンデレはキリストの死後にギリシア南部で上の絵画のように十字架に磔(はりつけ)になって亡くなりました。スコットランドの国旗の白いX印はアンデレが磔にされた様を表現していると言われます。




セント・アンドリュース・デーという言葉を聞いてゴルフを好きな方はゴルフの聖地『セント・アンドリュース』を思い浮かべると思います。実はこの地名も聖アンデレに関係があります!

スポンサーリンク



ゴルフの聖地 セント・アンドリュース




ローマ帝国がコンスタンチノープルに(東ローマ帝国の首都であった都市で、現在のトルコの都市イスタンブールの前身)新しい首都をつくる際に、コンスタンチヌス帝は、アンデレの遺骨もコンスタンチノープルに移そうとしました・・・しかし!

ギリシア修道僧が『地の果てに埋めろ』とアンデレが夢に現れて警告したと言われ、それによりローマから見て当時の地の果てというのがスコットランドにあたり、さらに、その遺骨が運ばれた土地が『セントアンドリュース』と伝えられています。

故にアンデレはスコットランドの守護聖人となったそうです。




出典:2、大城壁にコンスタンチノープル陥落を見る




日本でもセント・アンドリュース・デーを知って欲しい




スコットランドやスコットランドと関わりのある多くの国々では、スコットランドの文化や伝統的な食べ物、音楽、ダンスなどをパブやホールで行いセント・アンドリュースデーを祝っています。




そこで、スコッツマンという名前からしてスコットランドを意味しているのに何もやらない!という訳には行きません!!

ウイスキーやスコットランドのビールなどを提供するだけでなくスコットランドの文化を少しでも知っていただきたいと思い1月25日にはバーンズナイトを行っていますが、この11月30日のセント・アンドリュース・デーもです。




ハギス




この2年間は新型コロナウイルスの影響もあり、イベントとしてはやらずに、告知だけをして軽くやっていました。しかし緊急事態宣言が解除されたので、各店舗とも感染予防対策を引き続き行いながら合同のイベントとして復活をしました。




今回はそれを記念してオリジナルビールを仕込んできました。現地のパブで愛されるビターというモルト主体の伝統的なビアスタイルです。




Nessie’s Bitter



スタンプラリー



オリジナルビールはスコットランドをイメージしてもらえるようにと「ネッシーズ・ビター」と名付けました。静岡県沼津市にある沼津クラフトさんで造って頂きました。イギリス大好きな片岡哲也くんが立ち上げた醸造所で、昨年の9周年のときにスコッツマンのビールを醸造してもらおうと話していたのですがコロナで無くなってしまいました。




それ以前から哲也くんがベアードビールに在籍をしていた時代から店舗に来ていただいていてはフィッシュ&チップスのLサイズを食べてビールを飲む姿が懐かしいなと感じます。実は、店内の壁にも哲也くんのサインがあるんです!!




そんな哲也くんにお願いをして、ワイバーンの学くん、ウィグタウンのケントくん、スコッツマンのユッキーと山ちゃん、そして僕とで仕込みを一緒にしてきました。




























柿田川ブルーイング 沼津クラフト












沼津クラフト テイスティングルーム




静岡県沼津市千本緑町2丁目8−10
沼津駅南口から徒歩約20分。
バスの場合、JR沼津駅南口から沼津港行きバスで約10分、旭町か千本入口で下車。

不定休のため、Facebookページ等で最新情報を確認いただくか、電話(055-919-6473)でお問い合わせください。
テイスティングルームでは、食事は提供していませんが、食べ物の持ち込みは可能です。






The Wigtown(ウィグタウン):吉祥寺













The Wigtown (ザ・ウィグタウン)

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-13-413
ユニアスオフィスワン101
電話: 0422-69-2890




ワイバーン:関内













Wyvern 〜Scottish Gastro Pub〜(ワイバーン)

〒231-0043
神奈川県横浜市中区福富町仲通2−2 1F
電話: 045-315-7815






3店舗共同イベント:インスタラリー




ウィグタウン、ワイバーンと各店舗にあるネッシーの写真を撮ってハッシュタグ(#standrewsjapan)を付けて投稿しましょう♪
3店舗を回ったら何かイイことがるかも!?




スコッツマンのネッシーはバグパイプを持ってます。




ネッシー





アイルランドのセント・パトリックス・デーは「緑色」の物を身に付けて参加をします。緑はアイルランドのナショナルカラーです。

こういうものが欲しい・・・あるじゃないですか!?

スコットランドのには「タータンチェック」という強烈に可愛らしいものがぁ!!!

ぜひ身に付けて街に出てくださいね





スポンサーリンク