7月17日(火) House IPA


さぁ~さぁ~さぁ~!!!!

今回のゲストビールの紹介ですが、まずコンセプトを読んでみてください。

「自分たちが飲みたいビール」として
どうしてもつくりたくて登場した
志賀高原ビール最初の限定ビール
          玉村本店 志賀高原ビールHPより

これはヤバイ気がしますよねw

今回も志賀高原さんのビールをゲストでやります!!

志賀高原ビール  House IPA  8%

IBU:約95

House IPA

志賀高原さんでも年に2回の限定醸造。だから・・・飲むしかないw

IBUが95って!!スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!
もう苦いのが超確定ですね。苦いビールにハマってしまった方・・・危険ですねっ♪

通常のIPAよりも多くのホップを加えたこのビール。
「ダブルIPA」「インペリアルIPA」とも言われます。
アメリカのクラフトブルワーの流行から造られたスタイル。
ダブルだのインペリアルという単語は単純に「IPAよりも強力」という意味で付けられてますw

2006年まではアメリカ産のモルトだったが、
2007年バージョンからは英国産の高級品種マリスオッターが使われています。
僕はこの事がとても大変だったのでは?と・・・

「今まで使ってきたものを変える」 
これは凄く勇気のいることだと!!

ビールの主要原材料のモルトの品種を変えるということは
味にも影響が出るということ。
もしかすると変な方向に味が行ってしまうかもしれない。
そんな不安要素もあるわけです。

しかし、それを決行。試行錯誤をし・・・
そして結果が出ている!!

自分達が飲みたいビールを造る先には、それを飲む消費者の「美味い!」の一言が
見たい、聞きたい。それがチャレンジ精神に繋がっていると感じます。

そんな想いの詰まったビールなんです。

 

マリスオッター100%のクリーンな味わいに、
グレープフルーツを思わせる柑橘系の香りが際立っています。
                          玉村本店 志賀高原ビールHPより

 

以前、志賀高原さんのIPAをゲストビールで出しましたね~。
アレを超えるIPAです。

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください