toggle
2018-01-26

Rogue:Yellow Snow Pilsner ABV: 5.5% IBU: 19 / ローグ:イエロースノーピルスナー


今回ローグは3種入荷します。

2本目は・・・・下ネタ!? いえいえ!!

男なら子供のころに冬に雪が積もったところに、きっとやったことであろう
「イエロースノー」です(笑)

イエロースノーを直訳すると黄色い雪。

そして男なら子供のことにやったことあるというヒント。

そうです。

雪の上にオシッコで文字や絵を描いたはず。これがイエロースノー
黄色い雪の正体です。

 

Rogue:Yellow Snow Pilsner 
    ABV: 5.5% IBU: 19 
ローグ:イエロースノーピルスナー

 


画像出典:https://www.rogue.com/

 

 

オレゴンの冬をイメージしたみたいです!

ローグの動画は・・・良く分からん・・・

ピルスナーなんだけど、それ以上に飲みやすいです。

特徴は何と言っても副原料です。

「トウヒ(エゾ松の一種)」という針葉樹を使っています。

針葉樹のイメージというと、ちょっとグラッシーなのかな?と思うじゃないですか!!

その印象もあるに張るんですが、それ以上に「ベリー系」です。
飲むと、もっとベリーです。

そかもグイグイ行けちゃいます。

これは完全にUKパイントで流し込む系です。

 

では、トウヒの説明をば。

 


画像出典:庭木図鑑 植木ペディア

 


画像出典:モミ、ツガ、トウヒの仲間

 

最終氷期か、それ以前の氷期に本土まで南下して本州の広い範囲に分布を広げたエゾマツが、氷期の終わりとともに本州中部の山岳地に取り残された群落の子孫である。当然、最終氷期には両者の中間点である東北地方にも広く分布していたが、現在は吾妻山より北の東北には分布しない。これは、トウヒがあまり大量の積雪には弱く、この地域の山岳が世界有数の多雪地域であるためと考えられる(最終氷期の日本は、現在より寒冷だが降雪量も少なかったと推定されている)。

引用:wikipedia

 

飲んでください!!!!!

冬の乾燥した空気を、ほんのり柔らかく温めてくれるような感じ。
そんでもって喉を潤してくれます。


でも、ビールだから冷たいです(笑)




   
関連記事
Comment





Comment