初出店!青山ブリティッシュ・コレクターズ・を終えて思うこと

スポンサーリンク

無事に終えました!!

前日が匠食堂で大忙し・・・からの
早朝移動で設営という怒涛の流れ。

 



 

初めてのイベントでの出店に朝からバタバタ。
この日は北海道で37℃という意味不明の天気のなか開催。
ほんと、終始暑かったです。
室内だったからよかった!!

 



 

イギリスを好きな方が集まるイベント。

やっぱりイギリスのイベントというと女性が多いですね。

 

そして英国菓子が人気ですねぇ~~。
やっぱり『アフタヌーンティー』的なものなのでしょうか?

 

英国にとって切っても切り離せない存在。

それが『PUB』

もう少し、普通にお酒を楽しんでくれればとも思います。

 

ある統計によると
英国成人のおよそ4分の3が日常的にパブを訪れていて
全体の30%以上の人が週に1回は必ずパブに通っている!

いわゆる「常連さん(Regulars)」 なのだということです。

各自お気に入りの地元のパブを持っているんですね。

 



 

飲みながら、ときには食事もしながらですが
会話を楽しむ『社交の場(パブリックハウス=パブ)』と言っても
良いくらいの存在なんですね!

日本でいう赤ちょうちんの居酒屋がそうかもしれませんね。
新しいお客さんが来たらみんなで横にずれて
座る場所を確保してくれたり
『どっから来たんだい!』って気軽に声をかけてくれて
『一杯飲みなヨっ!』ってグラスを交わしたり
日本の感覚に近い感じが僕はします。

 

パブって長い歴史の中で形成をされた
イギリスらしい文化の代表

 

なんじゃないかと思うんです。

 





 

だから、確かにアフタヌーンティーも
素晴らしいイギリスの文化です。

このアフタヌーンティーだってイギリスでは社交の場
この意味だけだとパブと変わりはありません。

日本ではその優雅さや上流階級のたしなみというような
感覚値での認証がほとんどだと思うんですが
『産業革命時の間食タイム』が華やいだ文化です。

その作法というかマナーというか
そういうものは貴族から発祥したものだから
パブよりは(ちょっとw)上流階級かもしれませんね!

 





 

時代によって優雅さを追求していったアフタヌーンティー文化は
日本の『お茶会』に近いのかもしれませんね。
ともにイギリスの重要な社交場です。
確かに優雅なアフタヌーンティー文化も良いでしょうが
もっと身近なパブ文化も味わってもらえたらなと感じました。

 


スポンサーリンク


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください