【ボトルビール】志賀高原ビール(長野) ドランクコーヒー・リモンシリョ 5% Shigakogen : Drunk Coffee Limoncillo Style: ブロンドカラー・コーヒービア


志賀高原ビール(長野)
ドランクコーヒー・リモンシリョ 5%
Shigakogen : Drunk Coffee Limoncillo
Style: ブロンドカラー・コーヒービア

志賀高原・ドランクコーヒー志賀高原・ドランクコーヒー・グラス

名古屋の有名コーヒー店「トランク・コーヒー」さんと
ドラゴンのかっこいいロゴでお馴染みの「志賀高原ビールさん」
がコラボした新感覚のコーヒービアがボトルで登場です!

厳選されたニカラグア産の「リモンシリョ」というコーヒー豆を
使用して造られたクラフト・ビールです!

「リモンシリョ」という名前のコーヒー豆の特徴は、
トロピカルフルーツやダークチェリーのような
フルーティーな香りと味わい、そしてレモンピールの
ような後味が楽しめるところ。だそうです。

最近のコーヒーは、豆を原産国だけでなく、地域や品種、
畑や農場、生産者などの様々な要素から厳選し、
さらにそれをお店でロースト(これも様々な段階があるそうです)
して抽出方法も選びながら提供しているそうです。

すごい!!!

今回の「ドランクコーヒー・リモンシリョ」に使われている
コーヒー豆もわざとローストし過ぎないようにしている
そうで、グラスから漂う香りは僕らが「コーヒー」と聞いて
想像するロースト感はあまり感じません。面白い!

リモンシリョ2リモンシリョ3

そして何といってもコーヒー系のビールなのに・・・黒くない!!!

一般的にコーヒー豆を副原料に使用するビールの場合、
ロースト感を引き立てるために、ビール本体の方にもロースト麦芽を
使った黒ビールが使われることが多いのですが・・・。

この「ドランクコーヒー・リモンシリョ」は写真の通りきれいなブロンドカラー!

これは珍しいですね。

さらに、志賀高原ビールさんの得意技である「ホップ」も
ちゃんと入っているんですって!

リモンシリョホップ

コーヒー豆とホップの共存・・・
できるのかな?どうな香りになるのかな??

コーヒー豆由来のトロピカル感のあるフルーティーフレーバーと
ホップ由来の苦味を伴った柑橘系のフルーティーフレーバーは
種類が違うので合わさると不思議な香りが漂ってきて面白いです。

気になる方は、スコッツマンに来て飲んじゃってみてください。

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください