スピークイージー:ビトレイアル インペリアル レッド エール 8.2%  Speakeasy : Betrayal Imperial Red Ale


スピークイージー エールズ&ラガーズ
Speakeasy Ales & Lagers 


speak1

 

1997年にカリフォルニア・サンフランシスコで「スピークイージー」は始まりました。

独創的な商品と目を引くパッケージ(ボトルネックに下のような目のイラスト)とネーミングで
地元カリフォルニアだけでなく、全米でもファンがたくさんいるブリュワリーです!

商品の品質管理、生産体制にユーモアとこだわりを兼ね備えた、
とても醸造家の個性的センスが光る商品を造っていて、
醸造されるビールは全てハイレベルでトップクオリティーです。

 

スピークイージーというのは
アメリカの禁酒法時代(1920年から1933年まで)に「もぐりをしていた酒場」のことなんです!
意味合い的には「こっそりと酒を注文する」、というのがこの名称の語源だとか

禁酒法時代後半の1929年、ニューヨークには約32000軒のスピー・クイージーがありました。
そして禁酒法廃止前年の1932年には、全米に22万軒近くもあったといいます。
多くは、洋服屋、床屋、薬局、さらには葬儀屋の奥の一室で密かに営業したり
覗き穴付きの地下室で営業していたそうです。

ニューヨークの高級レストラン・バーとして今も健在の「21クラブ」

21Club1 21club4-5

地下の酒蔵(セラー)は、そうしたスピーク・イージーの超高級店でした。
現在もこの店を訪れると、もぐり酒場時代の扉を見ることが出来るそうです!

 

スピークイージー エールズ&ラガーズ
ビトレイアル インペリアル レッド エール  8.2%


Speakeasy Ales & Lagers
Betrayal Imperial Red Ale


8246_Betrayal_22oz

 

こちらのビールは限定シリーズの「スカーレットライレッドエール」に
別の「インペリアルレッドエール」を合わせてしまった
魅惑たっぷりなビールなんです!!

名前も何とも・・・「裏切りインペリアルレッドエール 」

このラベルに描かれている女性の手に持つ鏡に男性のシルエット
その男性を裏切りでもするのでしょうか・・・

 

2つのビールの融合によりシャープなのに甘い仕上がり。
見事なまでのキャラメルの甘さが魅惑的、
だけど・・・・芳香なホップも魅力的です。

 

もともとのスカーレットライレッドエール自体がライエール特有の甘さ
キャラメルモルトの香りに溢れていています。
そこに雑草を思わせるようなホップが少し。
味はローストチョコレートやコーヒーという仕上がり。

Speakeasy-Scarlett-Red-Rye-Ale-690x705

 

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください