【9月のカクテル】カボス&シェリーカクテル

スポンサーリンク

こんにちわ
スコッツマンのコータローです。

最近、月替りで一ヶ月限定のカクテルをメニューに載せています。

7月は、スコットランド産ヘンドリックス・ジンを使った
「きゅうりのジントニック」をご紹介させて頂きました。

8月は、新種のスピリッツ「ホップショット」を使った
「ホップ・トニック」で新しいフレーバーをご提案。

というわけで、今月は「カボス&シェリーカクテル」です。
スペイン産のフォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)である
フィノ・シェリーをたっぷりと使用したカクテルです。

トニックウォーターと辛口ジンジャーエールで割りシュワっと!
そして、国産カボスのスライスをトッピング。
爽やかな柑橘フレーバーがシェリーのコクのある香りとマッチ!

シェリー酒を普段飲まない方にもオススメです!

カボス&シェリーシェリー・フィノ

シェリーってよく聞くけど正直、何なのかよくわからない。
という方も多いはず!

一言で言うと・・・スペイン産のワインです!

ですがワインの中では特殊な作り方をするので
馴染みが薄いのかもしれません。

フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)といって
ワインの発酵途中、発酵後に、高アルコール度の蒸留酒を加えて、
アルコール度を高めた(強化した)ワインのことです。

一般的なワインはアルコール度数が12~15度くらいなの
対して、シェリー酒は15~22度くらいになります。

ワインの一種なので、原料はもちろんブドウです!
使われているのは3種類の白ブドウ。
①パロミノ
②モスカテル
③ペドロ ヒメネス

辛口から甘口まで用途に合わせて品種を使い分けています。
ちなみに、今月のカクテルで使用している辛口フィノ・シェリーの
原料には①パロミノ種です。

シェリー・パロミノ種シェリー・ブドウ

シェリー酒はフィノ・シェリーの他にも様々なタイプがあるます。
・フィノ
・マンサニージャ
・アモンティリャード
・オロロソ
・パロ コルタド

・モスカテル
・ペドロ ヒメネス

<ブレンドしたシェリー>
・ドライ
・ミディアム
・ペイル クリーム
・クリーム

シェリー・グラススペイン国旗

こーやって書いてあると結構いろいろあるように思いますが
一般的には、赤字で書いた5種類がメジャーな感じです。

特にオロロソやペドロ・ヒメネスは、空樽がウィスキーの熟成用に
使われたりするので、ウィスキー飲みの方にも広く知られていますね!

シェリーはスペインの中でも「ヘレス」と呼ばれる地域で
作られています。
その他の多くのワインと同様に、スペインの原産地呼称制度
であるデノミナシオン・デ・オリヘンで「原産地呼称」(DO)
に認定されています。

まぁ、簡単にいうと・・・
「スペインのヘレスで決められたルールで作らないと
“シェリー”って言っちゃダメよ」
って感じです。

シェリーの歴史や製法は、おもしろくて書き出したら
止まりませんので今回は、ここまで!

今までシェリー酒のことが気になりつつもガッツリ向き合った
ことのない・・・あなた!!
まずは、フィノ・シェリーから始めてみてはいかがでしょうか!?

あ、、、今回のカクテルに使っているカボスですが
国産でフレッシュな柑橘フレーバーが強く、個性的なシェリー
に負けない良い感じのヤツです!

是非、お試し下さい!

カボスカボス木


スポンサーリンク


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください