◆重要◆ グラス変更に伴う価格変更

スポンサーリンク

重要なお知らせです。



スコッツマンではUSサイズでのパイントグラスを使用してきました。
ですが、PUBという文化を伝えるためにも
UKサイズでのパイントグラスに3月11日(金)より変更します。

それに伴い価格も変更になります。

 

この「パイント」とは容量の単語で
イギリス(UK)とアメリカ(US)では同じ単語でも容量の違いがあります。

UKパイント 568ml
USパイント 473ml

 

その差95mlです。

 

この95mlの差が価格変更になっています。

パイント、ミディアム、ハーフすべて変更になります。

 

パイントグラスについてはウィキペディアも参照してください。

パイントグラス

 

UKパイント

 

最近のクラフトビールの流行で多くの店舗で使用されているグラスサイズは
USパイントはほとんどです。
ましてや、ただパイントというのが何のことなのか分からないで
USサイズにも満たない量のグラスでも「パイント」と・・・

そして昨年にスコットランドでたくさんパブに行きました。
スコットランドはもちろんUKの中の一つの国ですから
ビールが注がれるグラスは568mlのUKパイントグラスです。

そのパイントグラスを持つと

「やっぱ、PUBはこのグラスでしょ!!」

なんて思うわけです。

 

やっぱりPUBが好きです。

 

エールの国イギリス
PUBの国イギリス

その文化はグラス一つとっても大切な要素。
初心に帰りPUBを伝えるという強い思いによりギネスの再導入、
ハンドポンプの再導入(本日3月11日工事)に至ります。

 

UKパイント2

 

イギリス、スコットランド、アイルランドにウェールズ
UKのPUB文化は生活の中の一部。

 

スコッツマンのお客様がUKに旅行に行き
UKパイントグラスで何杯もグビグビとビールをPUBで飲む。

カッコいいです!!

 

スコッツマンも5年目に突入し色々と考えることがあります。
グラス変更になり価格も上がりますが
より良いPUBとして、PUB文化を発信する場として
神楽坂の一部として末永く宜しくお願いします。

                               小貫友寛

 


スポンサーリンク


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください