秩父イチローズモルト:IPA樽熟成の違い


つい、先日思い付きでブログを書きました。
ビールの樽で熟成をしたウイスキー

ビア・バレル・エイジド・ウイスキー飲み比べ

ビールだって、何のウイスキー樽に詰めるかで変化が起きます。
同じようにウイスキーだって、どんなビールが詰まっていたかで
同じように変化は起きます。

さらに言えば、同じ種類のスタイルのビールの樽でも違うということになります。

今回考えている飲み比べイベントの良いところはココです。

 



 

特に秩父蒸溜所のIPAカスクは3種類です。
飲み比べができる機会は超貴重です。

1種類ずつさわり部分程度の紹介をしていきます(笑)


秩父・イチローズモルト
IPAカスクフィニッシュ
ボトリング本数・6700本
アルコール分・57.5%

 

さて、注目をしてもらいたいのは右下の数字です。

 

 

ボトリング総数が6700本です。
秩父蒸溜所のビアカスク、このIPAに使われた樽の多くは志賀高原ビールと思われます。
志賀高原に貸し出したウイスキーの樽はバレルですので約180Lとしてください。
単純計算で180Lを700mlのボトルに詰めたとすると257本ほどになりますね。
実際はこんなに多くは取れないです。

 

でも、このウイスキーの総数は6700本です。
バレル約26個分に相当します。
実際の樽の数は分かりません、単純数字の計算です。

ということは26個分の樽で熟成をしていたものを
1つにまとめて味の均一化を行ってボトリングしたことになりますね!

これをシングルモルトと言います。
単一蒸溜所でボトリングされたものです。

ここを覚えておいてくださいね。


ePower : 秩父・カスク#4662(IPAカスクフィニッシュ)
ボトリング本数・249本
アルコール分・60.1%
蒸溜・2011年
ボトリング・2017年
熟成期間・6年

 

こちらはボトラーズ、ePowerさんの秩父イチローズモルトのIPAカスクです。

最初のものが秩父蒸溜所オフィシャルで、こちらはボトラーズと言い
ウイスキーを樽ごと買って瓶詰めを行い販売する業者さんのことを言います。

 

さて、ここでも総本数に注目をしてください!

249本と少ないですよね。
こちらはシングルカスクという種類のウイスキーになるんです。
この『シングルカスク』というのは字のごとく
『シングル=1つ』と『カスク=樽』を合わせた言葉で
『1つの樽のみ』ということになります。

 

最初に紹介したIPAカスクが数十もの樽をブレンドしたものと違い
こちらは1樽分のみということになります。

つまり、1樽分ということで混じりっ気がないので個性があります!

シングルカスクウイスキーはウイスキーの中でも貴重品。

だって、この世に249本しかないんですからぁ~~!

そして次。


福岡ウイスキートーク : 秩父
月と失われゆく動物シリーズ 第7弾
(IPAカスクフィニッシュ)
ボトリング本数・242本
アルコール分・59.5%
蒸溜・2011年
ボトリング・2017年
熟成期間・6年





 

ここでも数字を見てみましょう!

242本ということはシングルカスクなので個性があるということが分かります。

 

この福岡ウイスキートークのボトルですがIPAはIPAなのですが
黒いIPAの熟成に使われた樽を使用しています。
この黒いIPAをIBAと言います。

ビール好きな方は何となくどこかは分かりますよね!

そうです。志賀高原ビールさんです。
さらに言えば『W-IBA  -MASAJI THE GREAT』ですね。

 

このビールは箕面ビールの先代大下社長を追悼してのビールです。

この説明はとっても大切なことなので
志賀高原ビールさんのページからお借りします。



箕面ビールといえば、スタウト、インペリアルスタウトの黒い二種、
そしてW-IPAの印象が強烈。


なら、両方いっぺんにつくっちゃえ、ってことでつくった黒いW-IPA。

「格好よくて強面で、一見ちょっと近寄りがたい。
でも、話してみると、その人柄にいっぺんに魅了されちゃう。」
そんな先代大下社長のイメージそのままの男前なビール。

もう4年になるけれど、これだけは勝手につくらせてもらっています。
そして、毎回気合が入ります。

今回はホップを一部変更。

9.5%、IBU109。

あの 1t IPA よりもさらに多い 1.1トンのモルトをつかった黒いIPA。
ホッピーさも負けてません。

アルコール度数 : 9.5%

ビアスタイル:インペリアル / トリプル IBA

記事参照:玉村本店・志賀高原ビール

 

志賀高原ビールさんのビールの特徴はやはり『ホップ』
苦いってハッキリ分かるくらい使われているのが特徴です。

苦さのレベル表記をIBUで表示してみますね。

 

アサヒ スーパードライ IBU16
キリン 一番搾り    IBU21
サントリー モルツ   IBU21
サッポロ ヱビス    IBU25

パンクIPA                            IBU35 

 

どれだけ苦いかが良く分かると思います!

この数値はウイスキーのピートのppmに近いですよね。

 

オフィシャル:シングルモルト IPA

ePower:シングルカスク IPA

ウイスキートーク:シングルカスク W-IBA

 

この3つの違いを楽しんでいただければと思います。

これ読んじゃったら、飲みたくなっちゃったでしょ(笑)
来月行う飲み比べに参加者が殺到しそうな予感です。

こんな感じでビールから紐解き、ウイスキーから紐解く
こんな遊びが大好きなんです!

 




   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください