7月12日(木)志賀高原ビール Indian Summer Saison


スコッツマンでも大人気!!

「志賀高原ビール」

今回もゲストビールで登場します。

Indian Summer Saison (インディアン サマー セゾン)

7%  IBU:50くらい

志賀高原 インディアンサマーセゾン

 

さて、「インディアンサマーセゾン」とは何ぞや!

まず「セゾン」とは「セゾンビール(季節ビール)」
ベルギー農家が冬の作業の閉鎖期間に仕込んで、夏に飲むために貯蔵しておいたビール
ι(´Д`υ)アツィー夏場でも保存が出来るようにホップを多く使い苦みの強いスタイル。

 

そして「インディアンサマー」とは何ぞや!?
枯れ葉が落ちはじめ、寒さが身にしみ始める晩秋に、突然よく晴れ上がった暖かな日のこと。
日本語では小春日和的なものですね。

 

何で「インディアン」なのか!?
インディアンたちが厳しい冬を向かえるために冬支度をする日なんだそうです!
インディアンの伝説では、神様が冬眠前にキセルでタバコを吸い、
その煙が暖かな一日を生み出す、と言われているそうなんですよ~。
インディアンと言えばやはりモヒカン!!
僕にも十分関係があるんですねっw 


 

ホップ使いの上手い志賀高原さんの美味いビール!!

アルコール度数は7%。セゾン酵母により、
度数を感じさせないドライさと嫌みのないフルーティさ。


IBUは通常のIPAよりもやや低めの50くらいの設定ですが、
ドライなボディとのバランスでは十分程よく(!?)苦いです。

ホップは、ニュージーランド産と、アメリカ産の新品種が中心。
通常のIPAやHouse IPAでつかっているものと比較して、
やや「青い」感じの爽快な香りが特徴です。

               玉村本店 志賀高原ビール ゆるブルより

 

1樽(10L)のみです!!
今回も瞬殺が予想されますねェ~。

 

 





   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください