【 PIMM’Sウィーク2017】開催!イギリスの夏っていえばコレでしょ!?の巻

スポンサーリンク

ピムスのカクテルはやらない!
なんてことは、誰も言ってませんから!!

ということで、
こんにちは、コータローさんです。



毎年、夏が近づくと「ピムスやらないの??」
と言う質問がプレッシャーのように浴びせられる
スコッツマンですが、、、

フルーツ用意するのがめんどうで・・・
いや、
タイミングが毎年合わなくて、やってませんでした!!

ですが、
今年はやっちゃうよー!!!

フルーツもミントもキュウリも用意するから
「ピムス飲みたい」って言った人は毎回、必ず頼んでくださいね(笑!!

「ピムスって何?イギリスとなんか関係あるの??」
って方もぜひぜひトライしてみてください!!!!

いつからやるの?
今だよ!!

いえ、ウソです。ゴメンナサイ。

一応、8月4日(金)からスタートしようかと思います。



で、僕のやる気がなくなるまで、少なくとも2週間くらいは
毎日続けてご提供できるようにしようと思います。

よろしくお願いしまーす。

 

ピムスって何か知ってますか!?


イギリスの夏のPUBカクテルといえば、Pimm’s(ピムス)!!
毎年、初夏に行われる全英テニス世界選手権「ウィンブルドン」でも
圧倒的な人気を誇るドリンクで、

ピムス=ウィンブルドンってなる人も多いはず。


「ピムス」は、英国が誇るフルーツフレーバーのリキュールです!
イギリスでは、めちゃくちゃ有名な飲み物で
イギリスの夏を代表する飲み物といっても過言ではありません。


てゆーか、最近は日本のパブでも夏になると
フツーにやってたりしますよね。

このピムスっていうお酒は、、、

ロンドンの金融街、シティでオイスター・バーを始めた
ジェームス・ピムが1840年、
ジンをベースにリキュールや柑橘系フルーツエキスなどを
配合したオリジナルカクテルをつくり、
それが「ピムス」の始まりとなったそうです。

その秘伝のレシピを知るのは世界でわずか6人!
その味は1940年の発売当初より変わっていないそうです。

ピムスには、ベースの異なる6種類のリキュールがあります。

ジンベースの「ピムスNo.1」が有名です。
他にもブランデーベースとかウィスキーベースとかあります。

今回、スコッツマンで使うのは王道の「ピムスNo.1」です。



で、作るのはピムスリキュールに
ベリー系(イチゴ入れる予定・・・)にキュウリ、ミント、
オレンジもいるよねぇ・・・

なんかいろいろあって、、、

けど、みんなが喜ぶ顔が見たいから!!!

私たち、やる!!!

しかも、UK Pintで作ります!
とゆーか、UK Pintでしか作りません(笑!

ちっちゃいグラスで飲みたい人、ゴメンナサイ、
夏だし、飲みやすいし、1000円札1枚で飲めるから・・・

よろしくお願いします!!

2017/08/04スタート
今年の夏は・・・
神楽坂ロイヤルスコッツマンで

ピムスタイム!!


スポンサーリンク


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください