concept

はじめに

大切なことは神楽坂に根付き、地域のお店になること

僕は16歳からフランス料理一筋で24歳でフランスに行きました。
運よく一流のビストロで仕事をすることが出来ました。
毎日、毎日、厳しくも楽しい日々を過ごしました。

そんな時間が3年間過ぎました。そんなある日・・・
旅行先でバグパイプを演奏する団体を見ました!!
僕の頭の中は「バグパイプ」一色になってしまい、仕事が手につかなくなりました。
思い切ってシェフに相談をし、ビストロを辞めました。

バグパイプと過ごす毎日が始まりました。
毎日、毎日、郊外に行ったり、先生と一緒に練習し
パブに連れて行ってもらっていました。

パブでは「バグパイプを吹く日本人」と快く迎え入れてもらいました。
そこには何の垣根もなく、温かな空間がありました。

「あぁ~こんなパブを自分でも一番好きな神楽坂でやりたい!!」

そんな想いで帰国し、まだ経験のないパブで仕事を始め
バグパイプを活かし、ビアフェス、ウィスキーフェスで関係者の方々と交流を深めました。

その想いを形にしたものがロイヤルスコッツマンです。

出会いから繋がる“輪”

このバグパイプに出会いから人の輪が広がっていきました。
ビアフェスやウィスキーフェスなどに呼ばれることが多くなり、
そのイベントで多くの酒屋や製造者の方々と出会うことができました。
今でも多くを取り扱っている「秩父蒸留所」のウィスキーもそのひとつです。
現在も定期的に足を運び、仕込みの手伝いなどをさせていただいております。

その他、実際に製造過程の見学にその地を訪れ、生産者との会話を重ね、そのビールやウィスキーに込められた思いを、ひとつのグラスに注ぎ込みます。
僕自身が形にし、皆様にこの思いを少しでも感じて頂ければ嬉しいです。

美味しいビールとドリンクをそれが“The Royal Scotsuman”です

徹底した品質管理におけるビールは、是非味わって頂きたい1杯です。
他では味わうことのできない、新たな感動をお約束いたします。

また、フランスで学んだ料理の知恵や技術を生かした
美味しいビストロ料理と、現地のパブで出会った本格パブ料理をご一緒に楽しんでいただければと思います。

ビストロ料理

パブ料理

No Smoking
当店は、全面禁煙となっております、ご了承ください。
また、新宿区の条例に基づき、店外での喫煙を一切禁じます。

【第二十五条】
学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施 を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わさ ることをいう。)を防止するために必要な措置を 講ずるように努めなければならない。

このような法律があることと当店では妊娠中の方、お子様のご来店もありますので、店内での喫煙を固くお断りしております。
また、店舗のある神楽坂は新宿区で区内全域が路上喫煙禁止区域になっていますので、店外の喫煙も禁止しております。
店舗自体が住居区域の中にあることと、さらに近隣では木造の民家もあり昔から住んでいる方が多く、とても静かな区域になっています。
夜や深夜帯で、煙草を外で吸っている際の話声などで、近隣にお住いの方に迷惑がかからないようにするためです。
ご協力の程、よろしくお願い致します。