スコッツマンではなかなか無いワインとジュースの紹介♪

お盆だから・・・何か違うアイテムを~。
そう思って仕入れたのがこれ何です。

しかも各2本ずつしかありません!!!

まずは、ワインの紹介から行きましょうか。

 



 

生産年;2016年
銘 柄;コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・ルージュ
生産者;メゾン・プティ・ロワ
生産地;ブルゴーニュ地方・コート・ド・ニュイ地区
品 種;ピノ・ノワール100%

 

今ブルゴーニュにおいて大注目の日本人醸造家。

斎藤政一さんの渾身のワインが何故か入荷しました!!

 

齋藤さんは2006年まで長野県小布施の『ドメーヌ曽我』で仕事をし
その後渡仏をしました。

 

ブルゴーニュ、サヴィニー・レ・ボーヌ村の
『ドメーヌ・シモン・ビーズ』 で
当主のパトリッ ク・ビーズ氏の実直で誠実な
ワイン造りへの姿勢を感じながら、
アシスタントとして長年実直に栽 培・醸造に関わりました。

パトリック氏にも非常に頼りにされていたそうで、
特に『シモン・ビー ズ』がサヴィニィ・レ・ボーヌ1級畑
「セルパンティエール」での、ビオディナミ導入に成功し たのは
齋藤氏の大きな貢献によるものであったといいます。

 

パトリックの没後にドメーヌは
さらに本格的に有機栽培、ビオディナミに舵を切りましたが、
その足掛かりをビーズ千砂氏と共に築いてきたのは
紛れもなく斎藤氏であり、
彼の尽力あって こそであったと千砂さんは語っています。

 

渡仏後ブルゴーニュでの就労先は『シモン・ビーズ』の他に

2010年に『ドメーヌ・ルフレー ヴ』
2011年に『ドメーヌ・ジャック・フレデリック・ミュニエ』
2012年に『ドメーヌ・アルマン・ル ソー』と、

有名なスター・ドメーヌにて経験を重ねてきました。

 

齋藤氏のまじめな性格は
それぞれの場所で確固たる信頼を獲得してきましたが
遂に2016年、満を持して自身のワイナ リーとなる
『メゾン・プティ・ロワ』 を設立しました!

 

独立後に斎藤氏は
ネゴスワイン(買いブドウからのワイン造り)だけにとどまらず、
翌2017年には、サヴォワ地方に住むヴィニュロンである友人が
耕作放棄をしようとしていた畑を全面購入して栽培に着手。

 

現在は自社畑をサヴォワの他に
「ACブルゴーニュ」、「ショ レ・レ・ボーヌ」、
「オート・コート・ド・ボーヌ」、
「コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ」に合計 1.2ha 所有。
これらの赤ワインがこの度初の 日本上陸になります!!

 

で、届いちゃいました!

この届いたものがデビュー作のワインです。

 

詳細は公表されていませんが
良年らしい凝縮した果実の香りにタンニンもこなれていて
バランス良く仕上がっています。

2本のみです♪