スコッツマンのメニューにもある

『ウイスキー飲み比べ』

いつも提供をするときに付箋に銘柄書いて
グラスに貼って提供をしていましたが

毎回・・・

カッコ良く提供したいなぁ〜って思っていました。

そこで、直ぐに思い付いたのは

『ビアフライトボード』

 

画像出典:関西女のプチ日記


 

ビールの飲み比べに使う板ですね!!

 

日本酒、ビールの飲み比べの板はあるのに
なぜにウイスキーのは無いのか!?

無いのなら作ってしまえホトトギス(笑)

早速、大好きなドイトに出かけ木材を購入しました。
飲み比べが基本3つセットなのでグラスに合わせて板をカット!

 



 

グラスの底部分を置くところが一段低くなるので
そこは座ぐりドリルで穴を掘ります。

 

 



 

穴が出来ました!!!

ちょっとヤスリをかけて滑らかに~~♪

 



 

次は色塗りです!!!

ウォルナット色で下地とニス塗り。

 

 



 

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

イイ感じに仕上がってきました。

このまま乾燥させましょう。

 



手前にブラックボードシートを張って
銘柄とか書き込んだり、付箋を貼れるように。





 

どうでしょうか!?

素人作ですが、なかなかいい感じですよね。

そして・・・翌日、問題が起きました。

秩父飲み比べセットの注文を頂いたので
秩父ウイスキー祭のグラスを使うとしたらです・・・

グラスが・・・入んねぇ~~よ (つд⊂)エーン

 



 

ウイスキーのグラスが2種あるんですが
そこは同じ大きさだと勝手に考えていたんです。
実は2mmほど違いがあった・・・・

1度作ったので、もう簡単です!
Ver.2を作りましょう。

これまた早速板を買ってきて同じ作業(笑)
今度は8枚作っちゃいます!

穴だけ大きくしました。
50mmから54mmに変更です。

 



 

そして色塗りなんですが
もうちょっとナチュラルな感じが良いなぁ~と思い
色を薄く塗り仕上げました。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

良いんじゃないかい!!!!

 





 

グラスを入れてみると・・・

 



 

バッチリ!!!!!

これまでと同じように手前にブラックボードシートを張ります。

そして

完成です!

 

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ