11月30日はスコットランドのナショナルデーです!!!

日本では3月17日のセント・パトリック・デーが有名ですね。
この日はアイルランドのナショナルデーなんです。

と、同じ内容でも大きな差がります(泣)

 


 

スコットランドの国旗の聖アンデレ十字は
西暦60年11月30日にアンドレが殉教した際に
架けられた十字架がX文字のように
交差した形だったことに由来すると云われています。

聖アンデレは新約聖書にでてくる十二使徒のひとりです。

 

出典:Arte e Religião


もともとアンデレは漁師だったのですがキリストに従い十二使徒の1人になったそうです。

アンデレはキリストの死後にギリシア南部で上の絵画のように
十字架に磔(はりつけ)になり亡くなりました。

スコットランドの国旗の白地の✖印は
アンデレが磔にされた様を表現していると言われます。

セント・アンドリュース・デーという言葉を聞いて
ゴルフを好きな方はゴルフの聖地『セント・アンドリュース』を思い浮かべると思います。
実はこの地名も聖アンデレに関係があります!

 

出典:ブライダルジュエリー・ 宝石時計のSAKAI&CO.


 

ローマ帝国がコンスタンチノープルに
(東ローマ帝国の首都であった都市で、現在のトルコの都市イスタンブールの前身)
新しい首都をつくる際に、コンスタンチヌス帝は、
アンデレの遺骨もコンスタンチノープルに移そうとしました・・・

が!

ギリシア修道僧が『地の果てに埋めろ』とアンデレが夢に現れて警告したと言われ、
それによりローマから見て当時の地の果てというのがスコットランド!

さらに、その遺骨が運ばれた土地が『セントアンドリュース』と伝えられています。
故にアンデレはスコットランドの守護聖人となったそうです。

 

http://4travel.jp/


 

そんなこんなです!!!!

 

スコットランドやスコットランドと関わりのある
多くの国々では、スコットランドの文化や伝統的な食べ物
音楽、ダンスなどをパブやホールで行い
セント・アンドリュースデーを祝っています。

そこでです!
ここからがやっと本題に入ります・・・おそっ・・・

ウイスキーやスコットランドのビールなどを
提供するだけでなく文化としてのスコットランドを
少しでも知っていただきたいと思い
バーンズナイトと共に
スコッツマンでは行っていましたが
今回は色んな方々に協力をいただき開催することにしました。

 

まず、今回は都内を中心にスタート。
来年は店舗を増やして行きます。
ただ、ウイスキーやビールを売るお店ではなく
文化も同時に発信をしている仲間のお店です。
スコットランドが冠にいている希少まれな店舗です!

 

神楽坂:ロイヤルスコッツマン

 

 

吉祥寺:ウィグタウン

 
http://ur0.biz/NCzo

関内:ワイバーン

   
http://ur0.biz/NCzr

 

声掛けに賛同してくれた仲間も
どんな風に仕上げるか考えてると思います♪

セント・パトリックス・デーでは『緑』のもの
身に着けて参加をしています。
これはアイルランドのナショナルカラーですね。

 

という事は・・・

スコットランドは超かわいいタータンチェックという

飛び石級のものがあるんです♪

だから当日は店の中にタータンがいっぱい状態。

ウイスキーやビールを飲んんで
料理を食べて楽しい時間の共有が出来ればと思います。


もちろん当日はウイスキーもビールも特価!!

クラフトジンを先頭行ってるスコティッシュジンも
特別価格で提供します。

 

スコッツマンではスコットランドの料理を~~♬

ハギス(胃袋入り)
スコッチブロス(スープ)
スコティッシュ・フルブレックファスト(つものやつ)
スコティッシュ・パンケーキ(普通のパンケーキ)
スコーン(つくっちゃおうかな!?)
クラナカン(ウイスキー入りのデザート)とか

なんてのを考え中・・・

番外編
スコッチエッグ(名前だけ!)

 

そしてバグパイプですかね♪

随時アップしていくのでお見逃しなく!!!!