注目のサイダーが登場です!

 

日本でサイダーって言うと
「三ツ矢サイダー」になりますが
フランス語ではシードル
英語ではサイダーで
リンゴの発泡酒です。

パブには必ずあるお酒なんです。

そんなサイダーなんですが
2~3年前くらいから徐々に人気が出て
最近の注目のお酒の1つなんです。

まだまだ認知は低いですが・・・

話を本題に!!

「ホークス(Hawkes)」という
イギリスのサイダー醸造所。



やべぇ~~~!

カッコよすぎる、美味い感じしかしない(笑)

 

2015年に創立されました。
彼らはサイダー界の救世主となるべく
伝統から脱して新しく自由な発想で
革新的なクラフトサイダーを
つくることを使命としています。

この考えに共感したのが!!

スコッツマンでも1番人気のビール
パンクIPAを造っている
ブリュードッグが外部投資をしました。

それにより、業界の中でも
今後の期待も高まるサイダーブルワリー。

ということなんです。

提供するサイダーは

ホークス:アーバンオーチャード 4.5%
Hawkes:
URBAN ORCHARD




 

ロンドンで栽培された
数種類の品種のリンゴをブレンド
ミディアムドライです。

この商品は創業当初からのフラッグシップ

きっかけも素晴らしく
最初のバッチはリンゴを提供してくれた
ロンドンの農家に出来上がったサイダーを
プレゼントするユニークな企画
「アップルドナー」から誕生したんです。

クリアなゴールデンカラーで
皮ごとすりおろしたような
リンゴのフレッシュなアロマが香ります!

しかも白ワインの香りが素晴らしいです。

口当たりは滑らかで甘酸っぱい
リンゴのフレーバーが弾け
フィニッシュは爽やかで、これまた白ワインの様に
ドライに切れ上がります。

マジでヤベェ~~っす♪

サイダーで重要な
「甘みと酸味」のバランスが素晴らしく
ずっと飲んでいられるようなサイダーです。