英国より美味しいサイダーが入荷しました!!!

今までハードシードルを提供していましたが変更です。

 

サイダーって日本ではシードルと言った方が理解が早いんですが
原材料は同じリンゴです。

そして共に発泡酒です。

 

パブには必ず常設されているお酒がサイダーでもあります。

 

そんな英国から美味いサイダーが入荷しました!!!!

 

キングストンプレス
クラシックアップルサイダー 5%
Kingstone Press Cider

 


 



 

原材料のリンゴって日本の感覚とはちょっと違います。

サイダー用リンゴは、デザート用リンゴと呼ばれるような
そのままで食したり、菓子作りに用いられたりするものとは種類が違います。

 

サイダー用リンゴは、デザート用に比べて小さく、繊維質が多いです。
また、タンニンが豊富に含まれるため苦味が強く食用には適さないんですが、
サイダーにはこれが必須な要素なんです!!!

 

数10種あるサイダー用りんごの中で、含まれる酸味とタンニンの割合の差から
大体ですが4つの系統に分けられています。

この中から2系統以上をブレンドして仕上げるサイダー。
それが英国流サイダーなんです!

 

① SWEET(甘み)
 酸味もタンニンもともに弱く4つの中で一番淡白な味。
そのため他の系統と混ぜることで、サイダーの味をまろやかに整える

② BITTERSWEET (ほろ苦さ)
酸味が弱く、タンニンが強い。
ほのかに甘く、渋味と苦味がきいた英国サイダーを特徴づける系統。

③ SHARP (酸っぱい)
 酸味が非常に強く、今ではサイダー用としてはほとんど栽培されていない。

④ BITTERSHARP  (ほろ苦くて酸っぱい)
酸味もタンニンもともに強い。

 

このキングストンサイダーは本当にジューシーです!
まるでリンゴを丸ごとかじったときの甘みや香りだけでなく
程よく心地よい酸味。これが一体になって口の中に溢れます。

甘みも十分にあるけど、その甘みはベタベタするものではなく
キレイでサラッと喉を流れていきます。
その後に果汁溢れる酸味を感じることができます。

 


 

そうです! 美味いんです!!

 

しばらくは定番で行きます。
また違うサイダーが出てきたら試したいと思います。