スコットランドのサイダーのご紹介です!!

シスリークロスサイダー(Thistly Cross Cider )


スコッツマンでも定番のリンゴを発酵させて造られるサイダー!

イギリスでは「サイダー(Cider)」と呼んで
フランス語の「シードル(Cidre)」と呼びますが意味は同じです。

シスリークロスサイダー醸造所は
サイダーの醸造所がまだスコットランドにはなかったときに、
ガラス細工と彫刻を専門とするサイダー好きのアーティストと
その親友の果樹園オーナーが、

スコットランド初のクラフトサイダーメーカーを創りたい
という夢をもって、2008年スコットランド南東部の港町ダンバーに誕生。

それが今では世界20か国以上、アメリカでは40以上の州で販売されています!

 

シスリークロスサイダー・トラディショナル 4.4%
Thistly Cross Cider Traditional



 

こちらがメイン商品となるサイダーです。

とってもフレッシュなリンゴをハンドプレス機で搾汁しています。
そのためクリアでフルーティーな香りと、
もぎたてのリンゴをかじったような爽やかな味わいなんです!!

しかもこちらはステンレスタンクで6か月以上の熟成。
でも、アルコール感が控えめになっているのが素晴らしい。

しぼりたてのリンゴジュースを飲んでいるかのような
やさしい味わいがあります。

 

インスタにプレス機の動画あったので紹介します。

 


 

 

シスリークロスサイダー・ウィスキーカスク 6.9%
Thistly Cross Cider Whisky Cask



 

シスリークロスサイダー・ウィスキーカスクは
ウイスキー産地が多いスペイサイドの
Glen Moray(グレンマレイ)を熟成させた後のオーク樽に、
サイダーを樽詰めして6か月以上12カ月ほど熟成させたサイダーです!

これはヤバいですね!

ウィスキーとオーク樽のニュアンスと
サイダーのフルーティーさが絶妙なんです。
まだまだ珍しいタイプのサイダーですね!

このウイスキーの空樽なんですが
シスリーでは800樽ほど確保していて
それを随時、トレードしながら熟成をしていて
グレンマレイ側ではシードルが空いた樽に
再度ウイスキーを入れて
サイダーカスク熟成のウイスキーを作っていたりします。

 



 

そしてこのボトルの王冠が可愛いんです!

 



 

スコットランドの国旗のセントアンドリュークロスです!

 

こちらは1月25日のバーンズナイト用にと用意しました。
ぜひ、スコットランドのサイダーを味わってください!!

 

昨年のPVがあったので!