toggle
2020-02-21

ヘットネスト:シュッペンボーア グランクリュ 10% Het Nest:Schppen Boer Grand Cru 







ヘットネスト醸造所は、トゥルンハウトというトランプで有名な街にありって元々はそこに住むビール愛好家の集まりから始まった変わった醸造所です!

時は2000年。

その当時2週に一度集まってビールを飲みかわし品評しあっていたのですが、ビールの品評だけに飽き足らず、2007年に仲間内でお金を出し合って機材を購入し自分たちで醸造を始めてしまったんです!!!








その後は、自分たちで作ったビールが品評会で賞を取るようになっていき、会社として大々的に販売することとなります。
順調に銘柄も販売量も増え委託醸造を行いますが、醸造規模拡大の為2009年から設備の大きいスヘルデ醸造所に委託先を変更しました。
他にもピルロ醸造所、アンデルス醸造所なども使用していましたが、2015年冬、遂にヘットネスト醸造所はトゥルンハウト郊外に自身の醸造所を建てました!!!

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

醸造所地下に樽熟成庫も完備されてるんです!







シュッペンボーア グランクリュ 10%
Het Nest:Schppen Boer Grand Cru 




シュッペンボーア グランクリュ 10%
Het Nest:Schppen Boer Grand Cru 




こちらはスタイルで言うとトリプル(トリペル)です。

トリプルの場合、9度前後の色が黄色いビール(ブロンドエール)。
ちなみにダブル、トリプルの分類は「シングル」というアルコール度数3度前後のビールが基準なのですが、これを2倍にしたものがダブル、3倍にしたものがトリプルとなっています。
(実際はアルコール度数ではなく、麦汁の初期比重によって測ります)




ホップをたっぷりと使用することで、 熟したオレンジやアプリコットの風味を持ち ながら切れの良い後味でパッションフルーツ そしてグァバなどトロピカル感があります。












   
関連記事
Comment





Comment