つい先日、アメリカ・カリフォルニア・コンコードより日本初上陸をしたブルワー

エール インダストリー Ale Industries

ale industries ロゴ

このブルワーの最大の特徴は、造られるビールの材料すべてが地元の物!!
これぞ本当の意味で「地ビール」ですねぇ~。
この多様性がビールに対しての深さ、愛を表していますねっ♪
さて今回紹介るのこの「アンクルジェシー」

何か思い当たる節はありませんか!?


Uncle Jesse  Uncle Jesse1

これ分かりますか!?

アメリカのホームドラマ「フルハウス」です!!!!!

この男性がアンクルジェシーなんです。
通称「ジェシーおいたん」

アメリカンユーモアたっぷりですよねぇ~。

 

と、これは全く関係ない話ですww

 
エール インダストリー:アンクルジェシー 4.7%
Ale Industries : Uncle Jesse

Fall_Label-2

 

ウエストコーストスタイルのセッションIPAです!!

そう、ホップヘッドには嬉しいセッションIPA

ちなみに、この名前の由来はフルハウスのアンクルジェシーではなく
セラーマスターのジェシーが名前の元になっているビールなんです。

ホップはコロンブスとセンテニアル

セッションエールという飲みやすいスタイルでありながらホップはド━(゚Д゚)━ン!!ですw

ハニーモルトといって時間をかけて焙煎されたモルトを使っています。
ほのかな甘味をかもし出し風味が豊かなモルトです。

そのハニーモルトの香りのバランスが絶妙です。

 

僕個人的にセッションエールは大歓迎。
ブリュードッグのデッドポニーもそうですが低アルコールでフルフレーバー
そんなビールも多くなってきました。
やっぱりバリバリなIPAだと1杯で満足してしまいますが
こういうスタイルは良い!!